トップページ > 新入生へ > 馬術部の1年

馬術部の1年

 
  馬術部行事など 1回生の1年間
4月   迷ったらとりあえず仮入部してみましょう。
先輩に教えてもらいながら、実際に馬に乗ったり、手入れをしたりして馬術部の基本を覚えていきます。
5月

全関西学生馬術大会

ゴールデンウィークにおこなわれる全関西学生馬術大会、通称「春関」は一年の中で最も盛り上がる試合です。 新入生の時に春関に試合を見に行って入部を決めた先輩も大勢います。
曳き馬
一人で曳き馬して馬術部の外へ!
6月

新歓コンパ

京大馬術部関係者全員が楽しみにしているこのコンパ。クラブハウスの二階は異様な盛り上がりをみせます。
新歓コンパ

関西学生総合馬術大会

総合馬術競技の全国予選が行われます。中でもものすごいスピードで森の中を疾走するクロスカントリーは圧巻。部員は力を合わせて出場人馬のサポートにあたります。大学馬術はチームスポーツなのだと実感する時です。
馬の扱いにもだいぶ慣れてくるこの頃。新歓コンパの一発芸を乗り越えれば、これであなたも一人前の馬術部員。 先輩たちがこれまで以上に熱血指導してくれるでしょう!!
外乗
馬に乗って北部構内を散歩
7月

関西学生障害馬術大会
関西学生馬場馬術大会

通称、夏関。馬場馬術競技・障害飛越競技の全国予選が行われます。部員全員が一丸となって応援します。
四回生が引退すると、いよいよ代替わり。一回生もそれぞれサブの馬を与えられ、先輩の補佐役として曳き馬など様々な仕事を任されるようになります。
大きな馬場での運動
広い馬場で馬を走らせる
8月

分宿

馬にとって暑さは大敵。・・・ということで夏休みは大きな試合もなく、時間もたっぷりとあります。そこで暇をもてあました馬術部員はいろいろなところへ出かけていきます。それが分宿企画。花火大会、ボーリング、バーベキュー、高校野球観戦・・・皆の絆が深まること間違いなし。
夏は上達のための絶好のチャンス!!いっぱい乗せてもらって、早くうまくなりましょう。もちろん一回生は休みが比較的たくさんとれるので、帰省する人、旅行にいく人、自動車教習所に通う人などさまざまです。気が向いたら左の分宿企画にも参加してみましょう。
障害飛越
障害を飛んでみる
9月
10月   いよいよデビュー戦!!きちんと正装して、はじめての試合に臨みます。もちろん緊張するけど、きっと新たな目標が見つかるはず。(12月にデビューする人もいます)
11月

全日本学生賞典障害飛越競技大会
全日本学生賞典馬場馬術競技大会
全日本学生賞典総合馬術競技大会

通称「全学」。東京の馬事公苑にておこなわれます。全国から優秀な選手と馬が集い、大学馬術の日本一を決める試合です。出場できるかはこれまでの試合結果次第。それでも京都大学からは毎年、数名が出場権を獲得していきます。
 
12月    
1月

平安神宮拝賀騎乗

馬に乗って平安神宮まで初詣に行きます。京大馬術部ならではの名物行事となっています。
拝賀騎乗
拝賀騎乗の主役は一回生です。馬にまたがり、ライトアップされた平安神宮を見上げる気分は格別です。今年もがんばろー
2月    
3月

追いコン

卒業する四回生の先輩を囲んでのコンパ。四回生の進路は、大学院進学、就職などさまざまです。